25日月曜日に、熱鍼の秋山先生のところで、きらちゃん・光希ちゃんとお見合いしました。
光希ちゃんは、あまりクラリスには興味なしな感じ。
きらちゃんは積極的に挨拶もできて、フー言わないし大丈夫そう。
一緒に同行していたミクロちゃんはフーシャー言ってました^^;
クラリスは全くフーも言わず、ちゃんと挨拶もできていい子。
きらちゃんのトライアルをお願いしました。
皮膚の具合がもうちょっと良くなって、避妊手術も終わったらトライアル。
その前に、クラリスにも学ばせることが。
今は床のレベルでご飯食べてるけど、上で食べられるようになってもらいたい。
きらちゃんは食いしん坊さんらしく、人のご飯も食べちゃうそうなので、
クラリスがゆっくり時間をかけて食べられるよう、水飲みの横にご飯をセット。
できるかなぁ?
テト、クラリスに教えてあげて~~お願い。
あと、ベッドとソファーに上がれるステップを用意したい。
きらちゃん、どれくらいの段差を上がれるのかな?
クラリスと一緒にねんねんするには、ベッドかソファーに登れないと。
きらちゃん、4月になったら遊びに来てもらう。
よろしくね。
テト、見守ってね。お願いね。
昭和女子大学の現代ビジネス研究所は、営利活動にも補助金を出してくれる、ステキな研究所らしい。
研究員登録料は年3万円で、研究活動の申請をすれば、補助金も出る。コピー機も使える。名刺などももらえる。それらの費用内で、自分の営利活動(講師料ウン万円の募集チラシを印刷してくれちゃう)のチラシ作成も無料でしてくれるなんて、ステキすぎる。
働き方改革を声高に叫ばれている昨今、
「学生が来たら対応しなくてはならない」対応が終わったらその日のうちに報告書を書かなければならない。そんな昭和女子大学キャリア支援センター。
「働き方改革を声高に叫ばれているのに、逆行してますね。」と言ったところ、
「それが、就職率の高い昭和女子大学を支えているのよ」と言われた。
私はぜったいに、キャリア支援センター所属にはなりたくない。っつうか、向こうから願い下げかもね♪
テトが死んだこと、誰にも言ってない。
かよさんに聞かれても、鈴木さんに聞かれても、美山さんに聞かれても、
うん、変わらず。と。
テトが死んでしまったことを受け入れたくないこともある。
死んだことを話すと泣いてしまうこともある。
しばらくは、言いたくない。誰にも。
・・・獣医さんにしか言ってないか。もみの木と熱鍼の先生。
熱鍼の先生には、そのうち、クラリスを診てもらおうと思う。
でもクラリスは元気だし、まだ必要ないのか?元気なうちから行った方がよいのか?
これ、迷うところだなぁ。元気は元気だけど、病気だよね。
テトー、テトー、テトー、テトー、帰ってきてーーーーーー
さみしいよーーーーーーーーー
あまりにも悲しいので、各署へのUPを躊躇している私です。
2019年(平成31年)2月11日、テトが亡くなった。朝6時半だった。
夏ごろからご飯の食べ方が悪くなり、「歯が痛いのかな?」と思っていて
11月に血液検査をしに行った。採決した時も、そんなに問題なさそうだったので
一旦帰ったんだよね?
昼に電話が来て、腎臓の数値がすごく悪いので、点滴して様子見るからと午後の診察時に連れて行った。
とりあえず入院して点滴。4日間入院。
その後退院して、腎臓の薬を飲むも(セミントラ)1か月後の血液検査でもよくはならず。
セミントラは終了し、別の飲み薬と補液で様子を見る。ネットで炭が良いと見て購入し飲ませる。
カリナールコンボも飲ませる。
腎臓サポートのフードを買って食べさせる。
たまに調子よく、かりかりをばくばく食べることもあった。
熱鍼にも行ってみた。
家で補液することにした。
家での補液予定日の朝、この日は熱鍼の予約もしていたの。
朝たぶん5時ごろ、テトに水と薬を飲ませた。
5時半頃、クラリスが吐いたので片付けのため起きたら、テトがトイレ横でちんまりしていた。
おしっこもして、うんちも一粒していた。
寒いからと連れて一緒に布団に入る。しばらく一緒に寝て、テトが布団から出た。
寒いからとストーブ前の座布団に置いて、私はシャワー。
出たら座布団に居ないので探したら、ベッドの下に。寒いからと引っ張り出したらぐったりしてた。
たった今、亡くなったみたいだった。
ゆするけど戻らず。
しばらくしても体の下の方は暖かい。本当に死んじゃったの?
眼のそばを触っても、耳毛を触っても、ピクリともしない。
だんだん肉球が白くなってきた。耳の皮膚も白くなってきた。
10時前に、熱鍼の先生にキャンセルの電話。
葬儀場に電話して予約。
今回は、骨をもらってきて、側に置いておきたいので。
14時前に葬儀場へ。
待合室で待って、お花で飾って、お祈りして、最後のお別れして。
約1時間後、骨になって帰ってきた。
すごくしっかりした骨で、身体も大きかった。尻尾が長く先っぽまでしっかりと骨。
骨盤、肩甲骨も大きい。手足の骨もしっかりと太い。
喉仏の骨がしっかりと両手を合わせて。
こんなにしっかりした骨格だったら、最後は骨の重さだけくらいだったのかもしれない。
2.3キロ。骨と皮だね。内臓がちょっとだったのかもしれない。
大きな骨壺にしてもらった。小さい方は入らなかったかもねと言われた。
花籠をいただいて、骨と一緒に持ちかえった。
翌日の夜、補液一式を返しに獣医さんへ。葬儀場から連絡が入っていた。
結局、家での補液はしなかった。熱鍼2回目も行かなかった。
設置したカメラが、日曜日に壊れた。もう撮らなくていいんだよってことだったの?
テト、10歳と9カ月。はやいよ。はやすぎる。
かなしいよ。かなしい。
あー、失敗失敗。
PJ一覧表が間違っていた。。。
気が付かなかった。。。
なんだか、もう、やる気が起きない。
仕事がすごくイヤになってきている。どうしよう。
頑張っても評価されないし、失敗したらたたかれるだろうし。
まぁ、頑張っててもたたかれていたから、失敗はさらにどん底に落とされるか。
もういいか、仕方ない。
どん底にて、ひそやかに、過ごしていくのがよいのかな。
だね。
さてさて、本日は勤勉手当支給日です。
今回もパワハラ受けているのか?
それとも関係ない人になっているのか?
そもそも上司の面談ないんですけど。
人事部長に・・・だめだ、あの人は。
常務理事に訴えるか?
今度、小原先生に会ったときに、話そう。
なんか、昭和女子大学にいると、最近はダメだしばかりされる。
昨日、小原先生から
私は、学生のころからずっと、教育支援センターにいるときも
「決まったことを、きっちりとヤル人」という感じ。
ほら、教職とか担当していたでしょ?
・・・とのこと。
決まったことを、決まりに則って、キチッとやるのは、ダメなのかな?
みんなが「俺が俺が」体質だと、職場はうまく回らないと思うんだけどな。
違反のないよう、きちっと仕事を回していく人って、不要なのかな?
先日、阿部さんにも、私はおとなしすぎると言われた。
もっと前へ前へ出ていく、自分をアピールしなくちゃと言われた。
私は、昭和女子大学には不要な職員なのかな?
席替えした。
臭い上司の斜め前。
やはり、臭い。。。
でも、彼は4月から別部署と兼務となり、コッチが兼務で向こうが主らしいので
ほぼ向こうに居てくれると信じ、あと少しの我慢。
この上司は、私をイイように使うだけで、上へ押し上げてはくれない。
他へアピールしてはくれない。すぐにキレる、私に対しては。
ならばよい。こっちも見限るのみだ。
きっと他の人たちも、そんな風に離れていったのかもしれないと思ってきた。
この上司と近くにいる限り、私の未来は暗い。
自分で切り開いていかねばならない。
阿部さんから、人事部長に話が行っちゃったようだ。
そして人事部長から、小森先生へ「記録の偽造はやめるよう」連絡があったらしい。
で、小森先生は記録の偽造の件は知らないらしく、畑原さんへ話したらしい。
畑原さんは「なんで直接言ってくれなかったんだろう」と言っていたらしいが
直接は、何度も話してるよ。
記録の偽造そのもののことというより、
まず、名前貸しをやめたいと、何度も話している。
人事に聞いてみるとは言っていたが、どうでしたか?と聞いても、まだこれから言う。とかはぐらかされた。直接私から人事部長に聞いてよいか?聞いたら、絶対にやめてくれと言った。
名前貸しを野口さんに変えようとも考えていると言っていたので、それに望みをかけた。
でも、それも口から出まかせだった。もうあと今年度は1週間。
何度聞いてもラチが開かなかったから、PJ関係の質問の時に、一緒に阿部さんに質問したのだ。
結局、私は「畑原さんに」イイ様に使われているのだ。
教務への異動も阻止されて。。。教務に行きたかった~。
このことは阿部さんには言ってないよ。あまりにもひどいから。
記録の偽造いやだ。の件は、ほんの一部だよ。
元々は、名前貸しがいやだ。なのに、所属長がのらりくらりで対応してくれない。ってことだよ。